Home > 設立事業について

設立事業について

  • 2012-02-26 (日) 21:15

 

[活動内容]

 

・設立準備委員会等、会議の開催

(仮)紫雲総合型地域スポーツクラブの組織化に向けて、地域住民を始め、地域の体育・スポーツ関係者、有識者等からなる

設立準備委員会を設置し、設立までの年間活動計画や、設立後の運営活動等についての計画を策定しています。

なお、設立準備委員会は月一回のペースで開催しております。

 

・広報活動

当該創設支援クラブの活動地域の住民や既存スポーツ団体等を対象に、総合型クラブの意義や必要性等についての

理解を深めるための説明会等を開催するとともに、クラブへの新規加入・協力促進を図るため会報等の配布を行います。

 

・スポーツ教室やスポーツ交流大会等のプレ事業の開催

当該創設支援クラブの活動拠点(※1)において、活動地域の住民を対象に、総合型クラブへの加入・協力促進等を目的とした

スポーツ教室やスポーツ活動等を開催しております。(※2)

また、世代間交流等を目的としたスポーツ交流大会、体力測定、メディカルチェック等の開催も計画しております。

 

[その他、総合型クラブ創設に必要な活動]

・調査活動

 地域の現状把握のためのアンケート調査や地域住民のニーズ調査を行っています。

 

・先進総合型クラブの視察

 既に設立して活動している総合型クラブを視察し、設立に向けた活動や設立後の運営等の参考と考えています。

 

・講習会・研修会の開催

 内部指導者のための講習・研修や設立準備委員等への総合型クラブに関する講義等、

 内部スタッフを対象とした講習会・研修会を開催します。

 

・日本体育協会会・香川県体育協会等が開催する会議等への出席

 日本体育協会が開催する総合型地域スポーツクラブ創設準備連絡会議、ブロック別クラブミーティング(年1回開催予定)や、

 香川県体育協会等や広域スポーツセンター等が実施する事業(創設支援クラブ担当者会議、都道府県クラブ連絡協議会等)

等へも 出席しております。

 

・設立総会の開催

 設立準備委員や会員となるメンバーが、地域住民とともに、総合型クラブの設立について確認、共有し、

 地域社会に対して総合型クラブの設立を宣言する。

 

※1創設支援クラブの活動拠点:創設支援クラブが年間を通じて運動・スポーツ活動が行える施設で、

当該創設支援クラブの主たる事務所が所在する同一の中学校区、また同等の距離に位置する施設と考えております。

 

※2スポーツ教室、スポーツ交流大会等を開催する際、実技指導を行う外部指導者として

日本体育協会公認スポーツ指導者を活用し、地域の住民のスポーツ活動への参加を促進する考えです。

 

[総合型地域スポーツクラブ創設支援事業とは?]

 

総合型クラブの創設のために設立された非営利の団体が行う総合型クラブの創設に関する活動に対して補助を行う事業です。

助成対象期間は、助成初年度(創設事業を含む。)から継続した2か年度又は総合型クラブが創設された日

(総合型クラブの理念・目的等を定めた規約が成立する日をいう。)までのいずれか短い期間を限度とします。

なお、助成金の交付申請は年度ごとに行うものとします。

Home > 設立事業について

Search
Feeds
Meta

Return to page top